子供の腰痛、、、もしかしたら分離症かも!

分離症とは?

腰椎の後方(関節突起幹部)が、背中を反らす動作や体をひねる動作を繰り返すことで、 腰椎が疲労骨折をしている状態です。

 スポーツを行っている小学生~高校生に発症することが多く、動作を繰り返すスポーツで、 発症しやすいとされています。

 

症状は?

 

腰椎分離症の症状は背中を反らす動作で、狭い範囲にズキッと響く痛みが特徴的です。

分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

 

 

危険信号

 

・腰を反る、捻ると「ズキッ」と痛む

・痛みが二週間以上続く

・10代でスポーツをしていて腰痛がある。

・腰の真ん中が痛む

 

 

           この症状がでたら要注意です!!

当院の施術

 

LIPUSという超音波治療器で骨の成長を促進させる。

 

LIPUSとは?

*音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できる治療器

 

      ↓

 

➁柔道整復師による施術で全身を整え、痛みのでない身体をつくる。

           

 

 

          

 

 

 

 

 

 

      ↓

 

 

 

➂股関節を中心に身体の柔軟性を高める、負担のかかるスポーツ動作を見直すなど 正しい運動を教えます。

 

 

 

  早期発見、早期治療が重要です!!

   ぜひお越しください!