自律神経の乱れ

自律神経の乱れとは、循環器と消化器、呼吸器などの活動を調整する役割を持つ自律神経の、体の活動時や昼間に活発となる交感神経と、就寝時など夜に活発になる副交感神経の2つのバランスが損ない状態を指します。

 

自律神経が乱れる原因

自律神経の乱れが起こる原因は、主に日常生活から考えられるものが挙げられます。仕事のプレッシャーや悩み、不安や人間関係による精神的なストレスから、音や光、音頭など身体的なストレスが過剰になることで、交感神経と副交感神経のバランスが乱れやすくなります。


他には慢性的な寝不足や昼夜逆転生活、不規則な食生活など日常生活で不摂生を続けると生体リズムが狂って自律神経を乱します。

 

自律神経が乱れると起こる症状

自律神経の乱れの症状については、精神的なストレスや過労が引き金となり心体に不調が起こります。不安や緊張といった心のトラブルにより吐き気をはじめ多汗や全身の倦怠感、頭痛や肩こり、手足のしびれや不眠などあらわれる症状は人によって大きく異なることが特徴です。


精神的なストレスや過労が原因になると、自律神経のバランスが崩れ胃酸が過剰に分泌され胸焼けや胃の痛み、胃のもたれなど胃炎の症状を引き起こしたり、腸のぜん動運動に異常が起こり腹痛を伴う下痢や便秘を引き起こす場合もあります。

 

自律神経の乱れは当院にお任せください

最近ではスマホやパソコンを長時間使用するため、ブルーライトの影響で交感神経が過剰に働き、自律神経のバランスが乱れ、不調を引き起こす方も多く見られます。 当院では患者様の生活が前向きになるサポートをしております。症状が悪化する前にまはろ接骨院 蟹江院にお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

まはろ接骨院 蟹江院へのアクセス