スタッフ挨拶

院長挨拶 古田 吏貴

院長
  • はじめまして、院長の古田吏貴と申します。私は学生時代野球をやっており、膝の大ケガをし手術を受け、野球生活を棒に振りました。そんな絶望な時に、身近にいたのが恩師の先生です。

     

    その先生は、自分の精神面までサポートをしてくださり、一生懸命リハビリをしてくださりました。そしてその恩師の先生にこの職を提案され、この道に進みました。当院にはこういった経験を持ったスタッフが他にもたくさんいます。まはろ接骨院を開業するにあたって私が一番力を入れたことは、下記の3つです。

  • 1.どこよりも優れた技術と接遇で患者様のニーズに応え、誠心誠意真心込めて施術に努め、地域の皆様の健康維持に貢献する。
  • 2.介護と医療を一体化。患者様に何が必要か見分けた上で、当院でしかできない細やかなサービスを提供します。
  • 3.ただ、揉むという慰安目的ではなく、骨盤矯正や運動療法など最善の治療法で根本を治すことに徹する。

1つお伝えできることは、痛みで悩んでいる患者様の心が分かると言うことです。これはケガで悩んだ経験のある人にしか分かりません。皆様のお身体はもちろん、心のケアまで全力でサポートさせていただきます。宜しくお願い致します。

 

柔道整復師 安藤 大輝

院長
  • はじめまして、柔道整復師の安藤大輝と申します。私は、子供の頃からバスケットボールとスノーボードをやっておりました。学生時代ケガが多く、たくさんの治療院に通いました。そこの中で、とても影響を受けた治療院があります。そこはマッサージ等で揉まずに、関節を少し触るだけで症状が良くなる「魔法のような治療」を行なってみえました。

     

    そこで私は将来こういった治療師になりたいと思い、就職活動でたくさんの治療院に見学に行き出会ったのが、このまはろ接骨院です。実際見学に来た際、ほとんどマッサージすることなく、少し触っただけで身体が驚くほど軽くなりました。そしてこの技術を身につけたい!と強く思い入社いたしました。

     

    当院の治療はまったく痛くありません。正直こんな治療で治るの?と思うくらいソフトな治療です。どこに行ってもその場しのぎの改善で終わってしまう方、ぜひ私たちにご相談ください。宜しくお願い致します。

 

柔道整復師 山口 晃弘

院長
  • はじめまして、柔道整復師の山口晃弘と申します。私は、小学生から高校生まで野球をやっておりました。その野球人生は順風満帆ではなく、様々なケガに悩まされる毎日でした。そこで出会ったのが、近所の接骨院の先生です。

     

    その先生はケガを治すことはもちろん、私が思うように野球ができなくて精神面が不安定な時に、親身になって話を聞いてくれました。私はその先生に憧れ、将来この先生のような人になりたい!と思い、この道に進みました。

     

    私はこの職業を通して、痛みで思うような生活ができない人の心の支えになりたいと強く思っております。ご来院いただいた皆様の悩みが解決するよう、誠心誠意サポートさせていただきます。宜しくお願い致します。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

まはろ接骨院 蟹江院へのアクセス